藤子不二雄作品を中心とした、レトロ漫画・アニメに関しての調査・研究・ツッコミがメインです。


by fujiko-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

神戸新聞で安孫子先生のインタビューが掲載!ほか

神戸新聞にて『僕らの漫画人生 マガジン・サンデーの50年』という連載が昨日から開始されたのですが、第1回で藤子不二雄A先生が取り上げられていました。b0134245_19113510.jpg
記事中のインタビューでは、デビュー直後に連載を落としてしまったことや、『サンデー』・『マガジン』掲載の『海の王子』、『オバケのQ太郎』、『プロゴルファー猿』、『少年時代』などについての思い出を述べられています。
本日掲載の第2回では水木しげる先生が紹介。

神戸新聞では、昨年末の声優特集(野沢那智さん、野沢雅子さんなどが紹介)や、今年初め頃の出崎統監督の連続特集など、個人的になかなか「イイ企画」をやってくれています。


以下、雑記…。
◆『NHK映像ファイル あの人に会いたい』の藤子F先生の回が、本日お昼にNHK教育テレビで再放送されました。番組の本放送は'06年7月で、今回は再々放送か再々々放送くらいだと思いますが、ようやく録画できてひと安心。

◆TBS系『バラエティーニュース キミハ・ブレイク』番組内で放送されていたアニメ『夢をかなえるゾウ』が、主人公・フミ山フミ夫役の声優を務めていた草彅剛氏の逮捕騒動により、3話にして放送中止となってしまったようです。TBSの公式サイトも既に削除されていました。
かつて『ギミア・ぶれいく』番組内で放送されていた『笑ゥせぇるすまん』や『さすらいくん』の流れを受け継いでくれるかと思っていましたが、突然の終了は残念…。
このまま再開されなければ、4話で打ち切られた『手塚治虫のドン・ドラキュラ』(1982年)の記録を更新し、新たな「最短打ち切りアニメ」の座に輝くことになります。

追記:その後6月2日放送回より復活→9月15日『キミハ・ブレイク』終了に伴い第9話で終了。

◆TBSチャンネルにて、来月から『ばくはつ五郎』というマイナーなアニメが、HDリマスター版で放送されるそうです(公式ページ)。
1話がビデオ化されただけ、という状況でカルトな人気を誇っている本作ですが、再放送は'00年にキッズステーションで行われて以来、8年ぶりとなっています。
この作品の詳細に関しましては、恐らく世界唯一の『ばくはつ五郎』ファンサイトである『BANANA DREAM Bakuhatsu Gorou』様をご参照ください。

◆某動画サイトにて、現在公式には視聴困難な特撮番組『サンダーマスク』を何話か視聴。b0134245_22461552.jpgb0134245_2246368.jpg
第1話から「サンダーマスクは地中で1万年間眠っていた」というムリな設定で始まったのですが、更に第19話『サンダーマスク発狂』は最初から最後までブッ飛んでいる上に、極端に悪い画質で怪しさ抜群でした。

◆'67年公開の特撮映画『大巨獣ガッパ』の主題歌『怪獣ガッパ』を初めて聞いたのですが…。
格好良すぎます。
怪獣映画のメインテーマといえば、『ゴジラのテーマ』や『ガメラマーチ』のような勇ましい印象だったのですが、『怪獣ガッパ』は時代を象徴しているかのように、思いっきりグループ・サウンズ風味。
怪獣映画なのに、エレキギターが「テケテケ」と…。
『ロビンの宇宙旅行』、『魔神バンダーの歌』と共に、通学時に聞いているミュージックプレーヤーの中で3曲だけ異彩を放っていたり…(笑)
[PR]
by fujiko-kei | 2009-04-28 19:29 | 雑記