藤子不二雄作品を中心とした、レトロ漫画・アニメに関しての調査・研究・ツッコミがメインです。


by fujiko-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【速報】 『ジャングル黒べえ』復刊決定!F全集の詳細情報が発表

7月に発売予定の『藤子・F・不二雄全集』ですが、今週発売の雑誌に、第1期33巻の詳しい内容が書かれた広告が掲載されているようです!!
(人まかせの伝聞調ですいません…)
b0134245_9343336.jpg
情報源:藤子・F・不二雄総合スレ47 四海鏡
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1240909785/
画像も↑こちらのスレッドから転載させていただきました。

以下、広告を元に第1期の刊行情報を載せておきます。
7月24日発売予定
『ドラえもん』第1巻
『オバケのQ太郎』第1巻
『パーマン』第1巻

8月発売予定
『ドラえもん』第2巻
『キテレツ大百科』第1巻
『エスパー魔美』第1巻

9月発売予定
『オバケのQ太郎』第2巻
『パーマン』第2巻

10月発売予定
『ドラえもん』第3巻
『キテレツ大百科』第2巻(完結)
『パーマン』第3巻

11月発売予定
『バケルくん』(全1巻)
『オバケのQ太郎』第3巻
『エスパー魔美』第2巻

12月発売予定
『ドラえもん』第4巻
『海の王子』第1巻
『パーマン』第4巻

'10年1月発売予定
『ドラえもん』第5巻
『オバケのQ太郎』第4巻
『パーマン』第5巻

2月発売予定
『海の王子』第2巻
『エスパー魔美』第3巻

3月発売予定
『ドラえもん』第6巻
『オバケのQ太郎』第5巻
『パーマン』第6巻

4月発売予定
『ドラえもん』第7巻
『エスパー魔美』第4巻
『パーマン』第7巻

5月発売予定
『海の王子』第3巻(完結)
『ジャングル黒べえ』(全1巻)

6月発売予定
『ドラえもん』第8巻
『エスパー魔美』第5巻(完結)
『パーマン』第8巻(完結)

価格:1155円~1890円(税込)
(7月24日発売分:『ドラえもん』1470円、『オバケのQ太郎』1260円、『パーマン』1155円)
…ということで、第1期の目玉は、20年ぶりに復刊『ジャングル黒べえ』でしょう!
また、少なくとも『ドラえもん』は現時点で「全作完全収録」となるらしく、『分かいドライバー』やら『ターザンパンツ』やら、ガチャ子登場回、3種の最終回の出番も、ついにやって来るのでしょうか…。b0134245_81555.jpg
のび太曰く「これはこれで おもしろいじゃない。

全巻購入のキャンペーンも行われるようで、第1期の33巻を予約すると、『Fnote(エフノート)』という藤本先生の画集が貰えるとのことです。

この記事を書いている時点で公式サイトに動きは見られませんが、そろそろサイトの方にも発表があるのではないでしょうか…?

以上、全集の詳細を簡単に触れてみました。
執筆時間の都合により、当ブログではこの程度しかご紹介することができませんので、これ以上の詳細は他のブログ&サイト様、BBSなどをご覧ください…。
7月までに貯金を頑張ろうと思います(笑)

では次回。


追記
あまり関係ない話ですが、現在、2000年に発行された『藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版』第4巻の市場価格が、やたらと高騰しているようです(定価:1500円)。
調べてみますと、Yahoo!オークションではこの2ヶ月で6800円と8120円で落札されているのを確認。Amazonでも最安値が8507円となっており、最高値に至っては84988円(!)b0134245_9332577.jpg
… まあ、8万円はボッタクリ過ぎだとしても、入手困難であることは間違いないらしく、復刊ドットコムにも「4巻」のためだけの投票ページが作成されています。

ちなみに『SF短編PERFECT版』自体は、現時点で3巻以外全て品切れ…という悲惨な状況となっていますが(しかも、そんな状況でも「発売中」の広告は載っているというひどい話)、他の品切れの巻の市場価格は高くても2000円~3000円程度で、4巻ほど高騰しているわけではありません。

ここで気になるのは4巻の収録作品。
…なのですが、4巻の収録作品は『カンビュセスの籤』、『ユメカゲロウ』、『未来ドロボウ』など、SF短編の中でもメジャーな(=中公愛蔵版や文庫でも読めるような)作品が多く、『PERFECT版』刊行以前に収録機会が少なかった作品は『スタジオ・ボロ物語』くらいです。
この作品だけを目当てに数千円出すのも、少し勿体ないような…。

なお、3巻だけが生き残っている理由はというと…。
『PERFECT版』では、長らく「3巻のみ品切れ」という状態が続いていたのですが、少し前に3巻だけ増刷が掛かりました。この増刷で3巻だけ在庫が増え、他の巻は順次品切れ…ということで、逆に現在のような事態となってしまったのでしょう…。
[PR]
by fujiko-kei | 2009-05-07 19:15 | 雑記