「ほっ」と。キャンペーン

藤子不二雄作品を中心とした、レトロ漫画・アニメに関しての調査・研究・ツッコミがメインです。


by fujiko-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

出た!!藤子・F・不二雄大全集

待ちに待っていた『藤子・F・不二雄大全集』が本日発売されましたので、手早く感想を。

F全集の第1弾は『ドラえもん』、『パーマン』、『オバケのQ太郎』それぞれ第1巻の発売ですが、今日は『オバQ』のみ購入。
某掲示板上で「『パーマン』だけ入荷数が少ないのでは?」との情報が出ていましたが、地元でも同じで、『パーマン』の入荷はなぜか『ドラ』&『オバQ』の半分程度だったように思えます。b0134245_15302245.jpg
まさか…あるとは。
書店でF全集を見たときの思いは、この一言に尽きます。

「感激!」とか「書店でオバQが平積みってすげえ!」とか…書きたいことは一杯ですが、とりあえず、立ち読みした分も含めて気になった点を何点か書いておきます。

・『ドラえもん』だけ異様な分厚さ(中公の愛蔵版レベル)。
・『ドラえもん』最終回(自転車に乗る話)ほか初出誌からの復刻掲載の作品が何作か存在。
・『パーマン』には虫プロ版の第1話冒頭が特別収録。
・『パーマン』で「バードマン」の表記は「スーパーマン」に回帰。
・名台詞「おじさんは精神病院から脱走してきたんだね」は変更後のまま。
・カバーはプラスチック加工で丈夫。

『オバQ』読んでみましたが、やっぱり面白いです。
自分が持っていた唯一の『オバQ』単行本がF.F.ランド版の7巻だったのですが、そこに収録されていて気に入っていた『大原一家が大ピンチ』、『航Q会社』の収録が待ち遠しいです。


b0134245_16203314.jpgb0134245_1620438.jpg
↑本日付の神戸新聞に記事が載っていました。

では次回。
[PR]
by fujiko-kei | 2009-07-24 16:10 | 雑記