藤子不二雄作品を中心とした、レトロ漫画・アニメに関しての調査・研究・ツッコミがメインです。


by fujiko-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

3月雑記

■『地下幻燈劇画 少女椿上映は無事終了したそうで…。
制作元の密閉映劇霧生館によりますと、国内での上映は今回が最後で、これを機に霧生館のサイトも縮小運営となるとのこと。残念でなりません…。
ヨーロッパで出ているDVDをどうにかして入手したいですが難しそうです。

霧生館の新作アニメ『座敷牢 特別篇(からくり・百段返し)』('19年公開予定)が非常に面白そうで、今から期待しています。
「―この街は不思議な街だ―今、後ろにあった煙突が、いつの間にか前に来ている―子供の頃よく迷子になった夕暮れの暗闇は、二度と戻れない道を隠し持っている―」
…予告ムービーを見る限り、とにかく凄そうな作品です。


■何故かサンテレビで28日に放送されていた『タイムボカン王道復古』ですが、チリ地震の津波情報が思いっきり表示されてしまいました…残念。b0134245_2004755.jpg
エンディング『―さんあく18年―君を離さない チュッ☆』が泣かせてきます。


■ネオ・ユートピアの会誌・49号が到着。
今回の目玉特集は「ガキ大将名鑑」。「ジャイアン系キャラ」は集めてみると面白いです。
初めて知りましたが、F.F.ランド版『魔界大冒険』では「美夜子」さんのルビが「みやこ」になっていたんですね…F.F.ランド版、持っていましたが全く気が付きませんでした。
あと、通販で販売されている「F全集 セリフ改変前シール」なるものが非常に気になります…(笑)


■関西テレビで放映されていた『妖怪人間ベム』が9日で終了。最終回が切な過ぎます。
ただ、近年の『ベム』の再放送では、全話のサブタイトル表示画面が、本来の「手書きのおどろおどろしい文字」からビデオスーパー画面に差し替えられていて、今回も例に漏れずその仕様だったのが残念でした(本編も差別描写を中心に若干カットされていますし…)。
これは、LD化に際して第4話『せむし男の人魂』を『人魂』改題した際に、第4話だけ画面が異なっているという違和感を無くすためか、全話のサブタイトル画面が差し替えられたものです。
ここはやはり、手書きの怖い文字でなければ怖さが半減だと思います…。

ビデオ化2回&LD化&DVD化されている『ベム』ですが、オリジナル版サブタイトル画面を見ることが出来る映像ソフトは、1回目に出たビデオ(発売元:パック・イン・ビデオ)だけですので、かなり入手困難ですが、そちらを見てみたい限りです。


■19日に行われた、映画ドラ『新・のび太の宇宙開拓史』のテレビ放送ですが、新作『町内突破大作戦』、アレンジが効いていて中々面白かったです。大山時代にアニメ化したバージョンは、個人的にお気に入りベスト5ぐらいに余裕で入る傑作なのですが、こちらも気に入りました。

『町内突破―』→『新・開拓史』に続いて、大山ドラ第1話『ゆめの町ノビタランド』が、久々に(25年SP以来5年振り)再放送されました。30周年記念ですし、これだけならまあ普通かもしれませんが、驚くべきは、帯番組版初代オープニングも放送されたことです。しかもテロップ入りで…!
帯版初代オープニングが収録された唯一の映像ソフトである、『タイムマシンBOX』にも収録されているものはノンテロップのものですので、テロップ付きオープニングは超貴重な映像でした。
びっくり。
[PR]
by fujiko-kei | 2010-04-02 21:10 | 雑記