藤子不二雄作品を中心とした、レトロ漫画・アニメに関しての調査・研究・ツッコミがメインです。


by fujiko-kei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『まんが道』と中公愛蔵版

地元の図書館の蔵書に中公愛蔵版の『まんが道』があったので借りてきました。

中公愛蔵版というのは80年代末に中央公論社から出版されたマンガ単行本で、紙質こそ悪いものの、その1000頁近い(以上)のボリュームと、読む手軽さ売りだった、現在の「辞書みたいに分厚いマンガ単行本」のハシリともいえるシリーズです。
b0134245_16223295.jpgb0134245_16241592.jpg

少し読んで思ったのですが、第1巻はいきなり第2シリーズ『青雲編』の第1部『立志編』から始まり、満賀道雄と才野茂の出会いがない…。前にF.F.Aランドを立ち読みしたときにはあったはずなのに…。

愛蔵版第1巻には、少年チャンピオンに連載された第1シリーズ『あすなろ編』が収録されていなかったのでした。
で、『あすなろ編』は何処にいったのかというと…4巻に入ってるみたいですね。

さあ、返却日までに読み切らねば…。
b0134245_17334796.jpg


折角なので、藤子作品の』愛蔵版コミックのリストを載せておきます。全8タイトル・19冊。
■『愛蔵版 まんが道』全4巻
■『愛蔵版 藤子不二雄 SF全短篇』全3巻
■『中公愛蔵版 藤子不二雄 ブラックユーモア短篇集』全3巻
■『愛蔵版 藤子・F・不二雄 SFギャグ モジャ公』全1巻
■『愛蔵版 少年時代』全1巻
■『愛蔵版 プロゴルファー猿』全4巻
■『愛蔵版 T・Pぼん』全1巻
■『愛蔵版 怪物くん』全2巻

愛蔵版で出版されたのものの殆ど(『短編集』2タイトルを除く)はF.F.ランド版と同一となっていますが、傑作選になっているもの(『怪物くん』など)もあります。

なお、『藤子不二雄SF全短篇』・『藤子不二雄ブラックユーモア短編集』は、コンビ解消に伴って後年の版では『藤子・F・不二雄SF全短篇』・『藤子不二雄Aブラックユーモア短篇集』にタイトルが変更されました(『ブラック―』第3巻のみ初版から『藤子不二雄A―』表記)。

また、『モジャ公』は愛蔵版出版時に一部シーンが描き換え、『ブラックユーモア短篇集』第2巻は初版と再版で内容が異なっています。


では次回。
[PR]
by fujiko-kei | 2008-06-14 17:24 | 雑記